2016年 妊娠中でも使える日焼け止め徹底研究!

parasol-431532_960_720
いよいよ紫外線が気になる季節になってきました。
妊婦だと、すっぴんでいる機会も多いので、ちょっとした外出でも日焼けしがちです。

また、妊娠中は肌が敏感になっており、いままでのスキンケアやUVケア用品では刺激が強すぎるということも多いです。

妊娠中に使えるUVカットの条件を確認した後、それに合った2016年の日焼け止めを厳選していますので参考にしてくださいね^^

スポンサードリンク


妊娠中でも安心して使える日焼け止めの条件は?

妊娠中は妊娠していない時と比較してホルモンバランスにより、肌がゆらぎやすく、免疫力の関係も影響してほとんどの妊婦さんが「敏感肌」と考えておいた方がよい状態です。
いままではなんともなかった化学成分が刺激になってしまったり、いつもより日焼けに弱い状態になっています。

少しの外出であっても日焼け止めでしっかりカバーしておき、UVストレスを軽減することが肌にとっては重要です。

しかし、日焼け止めってそれ自体が肌負担になることも多く、「じんましんが出る」「UVカットを塗っても赤くなる」「落とす時にこすりすぎる」など、悩みも多いですよね。

ここで、妊娠中に選びたいUVカットの条件を3つあげます。

紫外線吸収剤不使用

日焼け止めの成分には「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があります。紫外線吸収剤は日焼け止め効果が高く、白浮きしにくいと言われていますが、敏感肌にとっては刺激になりやすい成分です。また、最近では海洋の水質汚染がすすむ原因とも言われており、沖縄のサンゴを破壊している一因になっているとされています。一部のマリンスポーツ店では紫外線吸収剤配合のUVカットの使用を禁止しているところもあるそうですよ。

妊婦は全員が「敏感肌」と考えておいた方がいい時期なので、できれば紫外線吸収剤は不使用で、肌刺激の少ない「紫外線散乱剤」を使用している製品を選びましょう。

ただし、「光過敏症」「日光過敏症」の方は紫外線吸収剤のUVカットだけでは紫外線刺激を防ぎきれないため、紫外線吸収剤入りを選んだ方がいいとされています。

吸収剤による肌負担よりも、日焼けによる肌負担の方が大きい場合もあるので、場合によっては吸収剤が含まれているものの方がよい時もあります。

まずは自分でいろいろな製品を試してみて、ご自分の肌に合うものを選ぶことが大切です。

ナノ化原料不使用

現在、化粧品業界では様々な成分を「ナノ化」して肌の奥の方まで届かせる技術が進んでいます。日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤や紫外線散乱剤もナノ化が進んでいます。それにより肌への密着感が増し、白浮きしにくい製品が続々と発売されています。しかし、ナノ化する前は安全な成分であっても、ナノ化することで毒性が変化したり、肌に塗った成分が血液中に検出されている事例もあるため、健康面での安全性に疑問があるのも事実です。

妊娠中は血液中の成分が胎児側に移行する可能性もあるので、あまりにも小さな分子になっているUVカット製品のナノ化原料は使わない方がいいと言われています。

石油由来成分不使用

紫外線散乱剤の代名詞である、酸化亜鉛や酸化チタンは、そのままの状態で肌に塗ると歌舞伎役者のように白く浮いてしまう白色顔料です。そのため、その周辺をシリコンコーティングするなど、石油由来成分によって加工することが流行しています。そうすることで、汗水にも強くなり、白浮きも防止されます。しかし、その分洗浄力の高い専用クレンジングが必要になり肌に多大な負担がかかります。

妊娠中はこのようなコーティング加工した強いUVカットを必要とするようなカンカン照りの浜辺に寝そべることもないと思うので、できる限り肌負担になるような強いUVカットは避けるようにします。

ただし、シリコンコーティングがされていても、むしろ肌負担を軽くするために使用されている場合で、専用クレンジング不要の商品なら敏感肌でも安心して使用できます。

必要なSPF、PAは?

SPFとPAの違いをご存知ですか?SPFはUV-B波という皮膚を赤く炎症させる紫外線をどれだけカットできるかを指数化したもので、具体的には「なにも塗っていない状態で皮膚が焼ける時間を何倍遅らせることができるか」という数字です。例えば、SPF30であれば、「10分間日光の下にいると焼けてしまうくらいの日差しのもとで、10×30=300分は焼けずにいられる」ということを示します。結構SPF30で十分ですよね?(笑)

PAというのはUV-A波のカット指数です。UV-Bが皮膚表面を赤く炎症させてしまう紫外線であるのに対し、UV-Aは皮膚深層部の組織を破壊して将来のシワの原因となるのではないかと言われています。皮膚表面が赤くなっていないからと言って、皮膚の奥ではコラーゲン繊維などが破壊されており、徐々に老化が進行している可能性もあります。曇りの日でもUV-A波はふりそそいでいるので、春~秋にかけてはSPF、PAともにしっかり確保されている商品を日常使いする必要がありそうです。

日常生活ではSPF30 PA++もあれば十分!

上記を読んでいただいてわかる通り、日常生活の範囲内であれば、「SPF30 PA++」もあれば十分なのです。妊娠中に炎天下で外を出歩くこともないでしょうし、日傘や帽子などの日よけアイテムを併用すれば、顔に直接紫外線が当たる機会というのはそうそうないはずです。

ただ、こどもをつれてアウトドアレジャーに出かけるとか、旅行でバカンスに出かけるとか、そういった「ここ一番!」のときには、クレンジングオイルを必要とするSPF50の日焼け止めを塗った方が安心です。妊娠中は敏感肌になっているので、紫外線による活性酸素の影響を受けやすく、普段よりも炎症が長引く可能性があります。将来のシミ予防のためにも安心な成分でしっかりとUVブロックしてくれるアイテムを選びましょう。

2016年 おすすめのSPF30の日焼け止め!

今年はオーガニックコスメやナチュラルコスメブランドから進化したUVカットがたくさん開発されています。また、老舗POLAの定番日焼け止めもやはり目が離せません。毎日使うものだからこそ、「本当に自分に合うか試してから現品購入」することが大切だと思います。紹介している商品はトライアルセットがあるものもあるので、そういったものはまずトライアルセットで使用感をお試しください。

HANAオーガニック ウェアルーUV

IMG_1979
SPF30 PA++
30mL 4000円

高級なオーガニックローズウォーターをベースに使い、香高い精油を配合した美容液ベースのUVカットです。ピンクベージュの着色があり、BBクリームとしての使用でカバー力もあります。紫外線吸収剤を特殊加工しており、肌負担を限りなく軽くしているため、石鹸洗顔で落とすことができます女性らしいバラの香りが好きな方はぜひ!トライアルセットにも入っているので、まずはご自分の肌でお試しを^^


 【公式HP】HANAオーガニック ウェアルーUV

私の体験レビューはコチラ

HANAオーガニックウェアルーUV(新色イエローベージュ)体験レビュー・クチコミ
国産オーガニックコスメに興味が出て、片っ端からトライアルセットを試しています。 先日お試ししたHANAオーガニックトライアルセット は、高級ダマスクローズウォーターをベースに使った、本物のオーガニックコスメでした。 トラ...

POLAホワイティッシモUVブロックミルキーフルイド

IMG_1973
SPF30 PA+++
50mL 3500円

紫外線吸収剤不使用で低刺激なUVカットとして近年人気を集めている商品です。紫外線散乱剤も酸化チタンしか使用していないため金属アレルギーがある方でも安心。保湿成分に優れており、「お湯で流せる」ほど皮膚刺激が少なく、肌への残留の心配が少ないのも特徴です。コスパも良く、ロングセラーの商品です。こどももOKなほど肌に優しく、2歳児から使えます。



 【公式HP】ポーラのホワイティシモシリーズUV

私の体験レビューはコチラ

POLAホワイティシモUVブロックミルキーフルイド体験レビュー・口コミ
ふだん使いできるUVアイテムで、洗顔で落とせるものがないかな~と探していたところ、「ニベア青缶」を世にヒットさせた美容ブロガーさんがおすすめしていたのが、POLAホワイティシモUVブロックシールドです。 肌の負担になる紫外線吸...

2016年 おすすめのSPF50の日焼け止め!

敏感肌用オーガニックコスメでは、いままで技術の関係上、紫外線散乱剤だけでSPF50を実現することはできませんでした。しかし、2016年は違います!!技術革新が進み、紫外線吸収剤を使わずにSPF50を実現した商品もラインナップされています。妊娠中でも安心して野外で活動したいときには必須のアイテムです。どれも、ワンシーズン使い切りなので、レビューを参考にひとつ選んでみてくださいね^^

琉白-ruhaku-シークワーサーブライトニングUVヴェール

IMG_1962
SPF50+ PA++++
30ml 3465円

沖縄国産オーガニックコスメとして人気の「琉白(るはく)」から、2016年4月1日発売に発売されるUVカットです。なんと紫外線吸収剤不使用なのにSPF50+という最高レベルのUVカット力。。脱帽です。安全な紫外線散乱剤に特殊加工が施してあり、汗水にも強いものです。抗酸化力の高いシークワーサーなどの美肌エキスを含み、UVダメージを即剤に回復させて肌トーンをあげるブライトニング成分配合です。

4月1日よりトライアルセットにお試し1回分が入っています!まずは990円のトライアルセットで琉白のスキンケアと一緒に試してみるのがいいかもしれません。



 【公式HP】琉白ブライトニングUVヴェール

私の体験レビューはコチラ

琉白(るはく)-ruhaku-からブライトニングUVヴェールが新発売 体験レビュー・クチコミ
琉白(るはく)-ruhaku-シークワーサーブライトニングUVヴェール 琉白は沖縄原産の月桃(ゲットウ)というハーブと海洋深層水をつかった国産オーガニックコスメのブランドです。私も愛用しており、すっかり月桃のファンです^^; 月桃に...

POLAホワイティシモUVブロックシールドホワイト

IMG_1971
SPF50 PA++++
50mL 4104円

こちらはビタミンC誘導体を配合した医薬部外品の薬用美白UVカットです。紫外線吸収剤をシリコンコーティングしているため吸収剤に敏感な方にはお勧めできませんが、強いUVカット力があり、「焼かずに、美白までできる」優れものです。できる限り肌負担のないように保湿成分を配合し、紫外線吸収剤・散乱剤ともに表面加工されているため、SPF50のウォータープルーフでありながら専用クレンジングを必要としません。アレルギーテスト済みで、ハーブの香りには虫よけ効果もあります。「今年絶対焼きたくない」人にオススメの商品です。



 【公式HP】ポーラのホワイティシモシリーズUV

私の体験レビューはコチラ

POLAホワイティシモUVブロックシールドホワイト体験レビュー・口コミ
日差しの気になる季節、ボディの日焼け止めってなにを使うか迷いますよね。 こどもとお散歩に出かけるとすぐに日焼けしてしまうし、汗をかくのでどうしてもSPF50は欲しいなと思っています。ボディは知らないうちに、夏を越すと「あれ・・...

琉白

IMG_3841
SPF50+ PA++++
60ml 3960円

こちらもかなりスゴイ2016年新発売の商品です。琉白のボディ用日焼け止めで、紫外線吸収剤不使用なのに石鹸で落ちるSPF50+なんです!もうこれだけで、この商品の価値がおわかりいただけると思います^^ 紫外線散乱剤を特殊加工することで、白浮きしないのに石鹸で落とせ、しかもライトウォータープルーフ設計だから海やプールのレジャーでも使えちゃうんです。もちろん、汗水に強いのもポイント。こどもにも使えるSPF50だから、家族みんなで使えるのもいいですよね。量も多いからひと夏これですごせそうです。

 琉白 月桃UVボディヴェール

私の体験レビューはコチラ。

SPF50+なのにクレンジング不要のオーガニックな日焼け止め!【琉白(るはく)月桃UVボディヴェール】現品レビュー・口コミ
私はドラッグストアの日焼け止めで蕁麻疹が出たり、赤みが出たりしたことがあります。 いろいろ調べているうちに、それは「紫外線吸収剤」によるものかもしれないと思うようになり、それ以来、なるべくナチュラルコスメブランドのUVケアアイテムを使...

まとめ

日常生活のシーンによって、妊娠中はUVカットを使い分けたいですね。妊娠中の肌はとても敏感。日光過敏症を発症する人も多いですので、紫外線対策は万全にお願いします。また、ふだんよりも皮膚が赤くなりやすいので、基礎化粧品にも保湿力を求めたいところです。2016年はオーガニックコスメにUVカット革命がきています!自分のお肌で確かめてみてください^^

スポンサードリンク


こちらの記事もおススメです。
 2016年の妊娠線予防はオーガニックの【ククイナッツオイル】がキーワード!ハワイの美しい女性たちがヒントでした
 妊娠中のおやつはタンパク質豊富な大豆で!妊娠糖尿病の食事療法にも【スーパー発芽大豆】体験レビュー・クチコミ
 妊娠中でもOKのフェイシャルエステは?激安の初回トライアルまとめ!ブライダルエステの節約にも◎
 新生児から使えるセラミド配合のボディ・ベビーローション!東尾理子さん愛用の【For Fam】体験レビュー・クチコミ

☆大人気オーガニックコスメのお得なトライアル☆
 国産オーガニック月桃ハーブコスメ「琉白(るはく)」のトライアル 990円
 高級オーガニックダマスクローズ「HANAオーガニック」のトライアル 1480円
 梨花さん愛用のオーガニックボタニカルコスメ「L’ORACLE(オラクル)」のトライアル 1600円
 オーガニックベビースキンケア「neobaby」のトライアル 1600円